48 years – Silent Dictator

48 Flyer

48 years – 沈黙の独裁者
(HD, DCP, Color/B&W, 76 min, Japan/USA, 2018)[2018年/日本・米国/DCP/カラー・白黒/76分]

“A glimpse into a labyrinth of delusions in the mind of Iwao Hakamada, known as the world’s longest-held death row inmate.”

About the film:
Iwao Hakamada, a former professional boxer, was sentenced to death in 1968 for mass murder and held on death row for 48 years, the longest stint in history. In 2014, he was granted an immediate release when the Shizuoka district court found that the evidence against him had been fabricated.  Mr. Hakamada now lives peacefully with his sister in Hamamatsu.

This documentary was filmed in 2015, one year after Mr. Hakamada’s discharge. In interviewing Mr. Hakamada, now 79 years old and still suffering from prison psychosis, this record attempts to capture the immeasurable solitude of nearly half a century.  Walking alongside Hakamada through his labyrinth of delusions, amidst fading memories and the powerful will to victory, it glimpses into Hakamada’s complicated psychology, a web of opaque logic warped by his life’s predicament.

Special Award - Mt. Fuji Atami Film VR Festival - 2018B
Mt. Fuji – Atami International Film & VR Festival Special Prize Award
熱海国際映画祭長編コンペ – 特別賞

袴田巌という心のラビリンス

元プロボクサー・袴田巌は、1968年、無実を訴えつつも強盗殺人の容疑で死刑判決を言い渡され、史上最長の48年間を独房で過ごしました。しかし2014年、静岡地裁は死刑判決の決め手となった証拠について、捏造された可能性があることを認めました。こうして袴田さんは釈放され、現在は郷里の静岡県浜松市で、姉の秀子さんと平穏な生活を送っています。

私は、釈放から一年が経った2015年、79歳になった袴田さんに出会い、彼の心に今も残りつづけている、48年間という計り知れない孤独についてインタビューしました。完治していない拘禁症状のために生じる袴田さんの妄想、風化しつつある記憶、そして無実を証明するために勝つのだという決意、こうした様々な情報と情動が複雑に入り組んだ迷宮が、そこにはありました。この映画は、袴田さんの心の迷宮を辿りながら、人生の苦境にねじ曲げられた彼の精神と、そこに現れる驚くべき明快な論理の双方を、記録したものです。

Director/DP/Editing/Interview: Hiroshi Sunairi
CAST: Iwao Hakamada & Hideko Hakamada
Producer: Joel Kimbeck
Associate Producer: Yoshinobu Tsunoo, Toshi Shibata, Nobuhiro Terasawa, Takao Sunairi, Fumiko Sunairi
Music: Arto Lindsay (Recorded by Thiago Nassif at Audio Rebel, Rio de Janeiro)
prelude: Shoko Nagai & Satoshi Takeishi
epilogue: Yuuki Ono
Art Direction: Norimichi Kobayashi
Shimizu location guide: Toshiki Yamazaki
Contact: Atsushi Zuraken
English Subtitle: Hiroshi Sunairi & Sam Bett

監督・撮影・編集・インタビュー:砂入博史
キャスト:袴田巌/袴田秀子
プロデューサー:ジョエル・キンベック
アソシエイトプロデューサー:角尾宣信/柴田とし/寺澤暢紘/砂入隆夫/砂入文子
音楽:アート・リンゼイ
(録音  チアゴ・ナシーフ/オーディオ・レベル・スタジオ/リオ・デ・ジャネイロ)
プレリュード:永井晶子/ 武石聡
エピローグ:小野雄紀
清水撮影案内:山崎俊樹

コンタクト:瑞慶覧
英語字幕:砂入博史/サム・ベット

フィルマークス
​映画.com
豆瓣
PianHD高清网
云影院Youlebe

48 YEARS STILL 3,jpg

COMMENT (Kazuo Hara, a documentary film director):
Iwao Hakamada, veteran of death row, spins his tale in opaque language from another world, relying on a logic all his own. To hear him speak is to feel the brain beckoned toward chaos. Yet for Hakamada, who spent decade after decade in solitary confinement, the persistence of this other world is what has kept him sane. In a disturbing reversal, we begin to recognize our world, the world that drove Hakamada into his own, for the perverse and terrifying place it really is.

主人公の死刑囚袴田巌の紡ぐ物語は、あまりに突飛で異世界過ぎてほとんど理解できないだろう。聞く者はカオスに誘われる怖ささえ感じざるをえないだろう。だが袴田は超長期間、監房に囚われ、まさにこの異世界があったればこそ”正気”を保ち得られた。むしろ、袴田をこの異世界に追い込んだ我々の世界こそが、本当は異様で恐ろしいことに気付くべきなのだ。
—— 原 一男(ドキュメンタリー映画監督)

48 YEARS STILL 1Theater Release:
Cinemae-ra HAMAMATSU 12/22-12/28/2018

Film Festivals:
The 28th Rendezvous With Madness Festival!  10/15-10/25/2020
Yogyakarta, Festival Film Dokumenter (FFD) 12/1-12/7/2019
The Dharamshala International Film Festival 11/1-11/4/2018
ARKIPEL Jakarta International Documentary/Experimental Film Festival 8/8-8/16/2018
Mt. Fuji Atami Film & VR Festival, Japan 6/28-7/1/2018
The 8th Cambodia International Film Festival 3/5-3/9/2018

Article:
2018/11/25  The seeds of inspiration The Tribune India, Saibal Chatterjee
2018/12/23
袴田さんの映画浜松で上映開始 静岡新聞
2018/12/22
48 years – 沈黙の独裁者監督の舞台挨拶 我ら、地域の仕掛け人!
2018/12/18 袴田さんドキュメンタリー映画 静岡新聞
2018/12/18
袴田さんの日常 映画に 毎日新聞
2018/12/18
袴田巌さん追った映画 中日新聞
2018/08/22 ドキュメンタリー公開 Arkipel じゃかるた新聞 
Notes on international competition 5 at Arkipel Niskala H. Utami
2018/070/2 ザ・レセプショニスト最高賞 熱海国際映画祭閉幕 静岡新聞アットエス
2018/07/02 袴田さん題材の作品が特別賞 熱海国際映画祭 朝夕刊/中日新聞しずおか
2018/06/30 袴田さんドキュメンタリー 熱海国際映画祭で上映 静岡新聞アットエス
2018/070/4 48年間の孤独に焦点 熱海国際映画祭で国内初上映 産経ニュース
2018/06/15 袴田さん「48年」国内上映へ 中日新聞
2018/05/30 48 years – 沈黙の独裁者 国際映画祭「生の言葉」で表現 静岡新聞
2018/03/16 袴田さん描く映画に脚光 静岡新聞朝刊

Blog:
2018/7/22 熱海国際映画祭特別賞受賞・砂入監督とバッタリ キッチン・ガーデン

48_SD_JPN_B5_fix_ol

砂入博史:1972年広島で生まれ、1990年に留学のため米国へ、ニューヨーク州立大学現代美術科卒業後、パフォーマンス、写真、彫刻、インスタレーションなどで米、ヨーロッパ、日本などで美術館やギャラリーで展覧会。最近はチベットや福島、広島の原爆などのテーマを実験ドキュメンタリーを制作。2001年からニューヨーク大学現代美術科で教えている。

Special Thanks: Na Thirakomen, Atsushi Tonosaki, Mari Murakami
Mike Rogers, Koji Kamibayashi, Kayoko Fujita, Kiki Sugino
Masanobu Sakamoto, Masayuki Enomoto, Koji Ono & Mitsuyo Ono
Hamamatsu Citizen Association for Saving Iwao Hakamada
Shimizu Citizen Association for rescuing Iwao Hakamada
Japan Association for Social Justice and Human Rights

early elephant film 2018

48 YEARS STILL 4

Advertisement

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: